Journal

有難し日々

今年の夏は沢山の祝福に包まれながら、大切な事をいっぱい学びました。

今日の幸せが明日も続く保障は無く、とても「有難し」事なのだから当たり前に捉えるのでは無く、有難うを常に感じて与えられたものに感謝して、毎日の暮らしを大事にする事。そして、喜びは探し求めるのでは無く自分の中にあるのだから、日々の小さな幸せを見つめて分かち合い、掛け替えのない瞬間に溢れている今日を生きる事。穏やかでゆっくりとした呼吸を通じて、新しい命を宿しながら自分自身を見つめ直す時間を与えられた事により、今後の私達を支えてくれる大きくて温かい力を感じる事が出来ました。

IMG_4868 IMG_4598 IMG_4858 IMG_4596 IMG_4609 IMG_4859 IMG_4861 IMG_4607 IMG_4602 IMG_4621 IMG_4615 IMG_4961 IMG_4878 IMG_5321 IMG_5322 IMG_5323 IMG_5760 IMG_4147 IMG_5877 IMG_6227IMG_6249IMG_6250

生命を宿して

FBとInstagramには載せていたのですが、妊娠7ヶ月目の時。生命を宿す神秘の旅にでも出ていた様な、自分がどこにいるのかさえ分からなくなる様な感覚にまでなった悪阻を乗り越えて、深く静かな時間を過ごし、まだ闇の中にいる我が子と話し合ったり、美しいものに触れたり、愛おしい瞬間をとても大切にして過ごした日々。人の助けや支えなくしては生きてはいけない小さな命は、産まれる前から様々な事を教えてくれていて、人は誰もが産まれた時は赤ちゃんで、誰もが人の手なくしては生きては行けなかった。母親としてしっかりと手を繋ぎ止めて離さない責任と、我が子を信じて背中を押してあげる勇気と。私の歩幅を見守り続けてくれた主人の思いと、私達夫婦の間に降りて来てくれた尊い命を大事にして行ければと思います。

VOJA FESTIVALのポスターに私の写真作品が

昨年末に引き続き、久保田利伸さん、 MISIAさん、倖田来未さん、SPEED 他、多くのアーティストを育成したヴォイストレーナーで日本のゴスペルシンガー第一人者の亀渕友香さんが率いる「The Voices of Japan」のコンサートポスターに私の写真作品が起用されました。

友香さんから私の写真に対する熱い思いを頂き、私も今回のテーマにどの様なイメージが良いか色々と考えたのですが、数年前にハワイで撮影した燃える様な夕焼けの写真がタイトルのFundamentalと合っているのではと思い、こちらの写真をご提案させて頂きましましたところ、直ぐにこちらで決まりとのお返事を頂きました。一つの事が終わり、新しい事が始まる、全ての根源となる時間。皆様のゴスペルのパワフルな歌声と共に、写真のヴィジュアルも感じて頂く機会に恵まれ心から感謝してます!ありがとうございました!

20160723

中目黒アート花見会SAKURA Group展

12971079_10209234145156372_2685396415483235592_o 12967932_10209234145116371_5621361351741262892_o 12973165_10209234163316826_6089724272692334636_o 12916731_10209234165596883_3280748500822940218_o 12977032_10209234162676810_2246248508309144525_o 12976905_10209234163156822_5842538273288417542_o 12970952_10209234163196823_1964967414169413316_o12983282_10209234145636384_6416596039436702280_o

12916964_10209234162876815_8318953654014438301_o773648_10208865178852445_466616441653872689_o

 

私の桜の作品が展示会のDM等の広報にも起用されてます、MDP GALLERYセレクトによるグループ展、中目黒アート花見会「SAKURA Group」展が3月25日から開催され、目黒川を染めるソメイヨシノに包まれながら、日本画、陶芸、水墨画、写真等、23名の作家による桜の作品をご堪能頂ける贅沢な時間となりました。オープニングとクロージングにはお花見パーティーが行われ、目黒川の桜とお琴による演奏など、風情漂う展示会になりました。
いかなる時代にも、桜を愛でる心の豊かさを大切にして行ければと思います。

展示会最終日には!

IMG_0262 IMG_0264DSC07348 DSC07479 DSC07426 DSC07884DSC07546.2DSC07954.1DSC07945

DSC07300東京アメリカンクラブの展示会最終日は、主人が幹事長を務める40歳を祝うW成人式のパーティーと重なり、

最後まで大勢の方々に作品を見て頂く事が出来ました!


写真家のレスリー・キーさんも作品に感銘を受けてくださり、しばらく作品について色々と話し込む程熱い時間を過ごし、

お世話になっている東尾理子さんも3月出産の大きなお腹で登場され、桜の作品の前で妊婦さんと写真と言うのも縁起の良さを感じました✨✨✨

会場に入る為に、全員が私の作品をグルリと周る形で受け付けが設置され、私もお手伝いをして皆様を誘導させて頂きましたが、

まるでテーマパークみたいな賑わいで本当に楽しかったです!

様々な道をそれぞれ歩みながらも、また40歳になり出会う事で、当時の事を思い出し懐かしむだけではなくて、

それを更に前に進む力に変えていくポジティブな力で溢れていました。

自分の為に楽しく生きた結果、それが誰かを励ます事や救う事に繋がるのだと単純で純粋なエネルギーが漲っていて、

とても40歳とは思えないほどの若さで溢れていました。

司会進行の原口あきまささん、アーティストのMaxのNanaさん、SILVAさん等々出演者の方々も皆40歳と同年代の方ばかりで、

凄い団結力に羨ましさが込み上げてきました!パーティーの写真をレスリー・キーさんが撮影してくださり、内閣総理大臣からの祝電、

豪華懸賞品、電撃ネットワークの過激パフォーマンス等々、本当に贅沢な時間でした✨✨✨

2年前に展示会日程をアメリカンクラブ側から提示された時には、こんなサプライズがあるとは想像もしてなくて、

もう少し暖かい時期にできないかと交渉してしまうなど、今思うと本当に偶然の一致でこの様なタイミングに合わさったのだと思います。

搬入・搬出共に困ると必ず誰かが助けてくださったり不思議な愛に包まれている様な展示会になりました!

W成人式の幹事の皆様、本当にお疲れ様です!そして、おめでとうございます!!!

 

東京アメリカンクラブ個展開催によるレセプションパーティー

0115_001 0115_010 0115_009 (1) 0115_007 0115_003DSC07102 0115_032 0115_027

0115_021 0115_0200115_034

12513535_10208503390687967_1973909495513660160_o12402037_10208503387767894_1210831554828531828_o12489206_10208503387727893_5436329211710085970_o0115_126 (1)0115_1030115_1240115_04512593444_10208503390087952_3500396582821339492_o-112605484_10208503392848021_4319080940507862394_o0115_440115_038

 

東京アメリカンクラブで18日より開催中の個展は、雪の中始まりました。外一面に広がる雪景色の中で早朝から始まった搬入作業は、トラックが坂道を通れなくなり、途中から作品を手で運ぶ事になったりと難航しましたが、一つ一つの試練は、大切なものを確認しながら点と点を結び、何故作品を作り続けるのか問いただす作業にも思えました。
無事、搬入作業を終えて迎えたレセプションパーティーには、お足元の悪い中にも関わらず、大勢の方にお越し頂き、皆様の思いが会場を暖かく包み込み、とても素晴らしい夜になりました。改めて、皆様のお気持ちに支えられながらここまでやってこれたのだと実感した日となりました。

森美術館館長の南條史生さん、セゾン現代美術館代表の堤たか雄さん 他、画廊オーナーや美術関係者、演出家・作家・デザイナー・アーティストの方々等、とても多彩な方々にお越し頂きました。


展示会は2月7日(日)迄 開催しております。1Fの展示はクラブ会員の方のみとなりますが、B1Fのメイン会場は一般公開されておりアメリカンクラブ営業時間内にご高覧賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。


東京アメリカンクラブ フレデリックハリスギャラリー
〒106-8649 港区麻布台2-1-2 tel:03-4588-0381

東京アメリカンクラブにて個展を開催します

921347_10208324527056488_3928196071237767043_o

1523054_10208324527096489_5053060291579286214_o

 

東京アメリカンクラブのFrederick Harris Galleryにて2016年1月18日-2月7日迄個展を開催します。クラブメンバー雑誌の2016年1月号Arts & Entertainment(p.15)にて1ページで紹介されてます!2年前に審査に合格して2016年の新年早々からの展示日程を提示された時は、随分と先に感じましたがあっという間に時間が経ち、その期間で出会った方々など本当に驚くほどピッタリのタイミングで展示会を開催する運びになりました。レセプションは1月18日6:30pm-8p.mです。皆様にお越し頂けるのを楽しみにしております

I will have a solo exhibition at the Tokyo American Club Frederick Harris Gallery from 2016 January18 – Feburary7. Gallery reception will be on January 18, Monday 6:30pm-8p.m. I am being introduced on the January 2016 club members magazine Arts & Entertainment (p.15)

Christmas Gospel Night 2015に私の作品が

omote_OL

 

 

日本のゴスペルシンガー第一人者の亀渕友香さんが率いる「The Voices of Japan」の毎年開催されるChristmas Gospel Night 2015のパンフレット・ポスターに私の写真が使用されました。

東京文化会館大ホールで開催される2000人規模のコンサート会場で、ポスターが貼られ皆様のお手元にパンフレットが届くと思うと、とても不思議な気持ちです。亀渕先生とお話をさせて頂く中で世界情勢が混沌としている今だからこそ、大切な事は私達一人一人が心の静寂を取り戻す事の様に思いました。コンサートのテーマである「聖夜」に因んで、クリスマスには静かに祈りを込めて平和を取り戻す日となって欲しいと言う願いが込められ、先生がこの写真を選んでくださいました。

母親と一緒に歩いていた時に撮影した思い出深い写真です。

皆様の心に届きます様に。

BLUE FOR TOHOKUの写真撮影をしました

13 4 567891011
東日本大震災をきっかけに発足したNPO法人『BLUE FOR TOHOKU』では、震災遺児を含む児童養護施設への支援を行ってます。被災地では、震災後に親が子供を育てられないと育児放棄したり、虐待を受けて養護施設に入ることになった子供達が多くいます。日本ではまだまだ実態がきちんと伝えられていませんが、児童養護施設の現状は非常に厳しいものです。

そうした中で『BLUE FOR TOHOKU』は有志ボランティアのグループにより立ち上げられ、福島県の児童養護施設の子供達の学業支援や就業支援を念頭に置きサポートしています。毎年開催している「おいでよ!東京」では、子供達を東京に招いてキッザニアで様々な職業体験をしたり、大運動会でお相撲さんと取り組みをしたり、綱引きをしたりと盛り沢山な一日を通じて、大勢の大人と関わり社会人として成長していく一歩を踏み出す応援をしています。

私も、今年は活動を記録する写真係として協力をさせて頂きました。子供達の屈託のない笑顔、困難に立ち向かおうとする健気な瞳の奥に隠れた寂しさ、強い眼差し、表情の一つ一つから写真を撮る側も複雑な思いを駆り立てられました。矛盾だらけの社会で子供達に何を教える事が出来るのか。正義さえも曖昧で、何一つ大人として確信を持って伝えられる事はないのではないか。そう思うほど虚しさが募りましたが、そんな時無邪気にアイスクリーム屋さんになったり、消防隊員や救急隊員になったり、結婚式を体験して喜ぶ子供達の姿を見て、自分が子供の頃大人になったら何になりたいかとただ純粋に夢見ていた姿と重なり、子供の夢みる思いを守る事こそが大人として出来る事なのではないかと思いました。

どんな境遇に置かれながらも懸命に頑張っている子供達から、本当に多くの事を教わり勇気をもらいました。彼らが大人になった時、彼らをサポートし応援し続けていた大人がいた事を覚えていてくれたら、、、そんな思いで皆んなが一つに繋がっている様に感じました。

『BLUE FOR TOHOKU』の活動がずっと続いて行きますように、今後も微力ながら私も支援して行ければと思います。※写真は子供達の個人情報を守る為、顔が見えないものを使わせて頂きました。

Prayer~共に、生きる~

10.3.1

先月、滝川クリステルさんが代表を努める動物保護財団「一般財団法人 クリステル・ヴィ・アンサンブル」のチャリティーガラディナーへ夫婦で伺いました。そして、日本全国で1年間に161,867頭もの犬や猫が殺処分されている事実を悲惨な映像と共に叩きつけられました。

祖父の理念によって、動物と自然に囲まれて育った母親の影響を受け、私も犬・猫・鳥を飼い育ちました。帰国子女で日本の学校で行き場のなかった時には誰よりも励ましてくれたのが、ラブラドールレトリバーの愛犬でした。彼はペットショップで酷い扱いを受け、大きさには見合わないケージの中で身動きとれず円形脱毛になっていて、私たちに飼われなかったら保健所行きになっていたところでした。盲導犬にもなるほど、賢くて人間に寄り添う大切な家族のメンバー。母は今も自分の事よりも動物を優先にします。それほど、動物は私達家族に豊かな感情・愛情を与えてくれるのです。しかし、天使の様な存在を無責任なブリーダーによって大量生産され処分されるという、残酷な現実があります。日本はまだまだペットを家族の一員として受け止めてくれる認識が低くて、とても先進国とは思えないほどです。

クリステル財団では、2020年を目標に犬猫の殺処分ゼロ、放棄ゼロ、虐待行為ゼロを目指しています。http://www.christelfoundation.org

そして、本日はチャリティーガラディナーで美しい歌声で会場を癒してくださった、平原綾香さんのコンサート「Prayer」2015へ行きました。彼女の真っ直ぐな思いに胸打たれて、悲惨な現実に目を背けるのでは無くて立ち向かう勇気をいっぱいもらいました無視することではなくて、命あるものともっと真摯に向き合うこと。素敵な思いを抱く方々に囲まれて、再び大切なものは何かを深く感じることが出来ました。

残酷な動物虐待の事件が相次ぎ心痛む日々ですが、早く人間側の意識が変わり命の大切さを感じ共存して行ける様になります様に切に願います。

セルフポートレート作品集

1 2 3 4 5

11942089_10207621174393111_4891229144814430451_o

数年前のTokyo Frontline Photo Awardに入選したセルフポートレートの作品が印象的だったと、公開審査を観覧されてた方が先日のレセプションパーティーにお越しくださり、あの様な作品をまた観たいとおしゃって頂きました。其れにより、急遽作品集(少し違うバージョン)を置かせて頂く事になりました⭐️特殊メイクを施した状態で自身で撮影を行い顔面血だらけになりながら映像・音も制作しました。様々な作品集を置いてますので、どうぞお手に取りご覧ください。展示会は23日迄です✨

http://thekai.jp/ja/

My work was selected by the Tokyo frontline photo award open review few years ago and one of the viewer came to the reception party at Kai told me how my work gave him an impact and that he would like to see more of them. The self-portrait was with a special effect makeup which made my face bleed. I made motion and sound work as well. 
The exhibition is till Sep.23. 

Kaiの個展レセプションパーティー

11888543_10207550566387955_4340374316531813002_o 11221667_10207550566427956_4009810252775082870_o 11895087_10207550573588135_951843276356884526_o 11906807_10207550566347954_4677321938883980724_o 11896490_10207550572188100_6923852831997452114_o 11906739_10207550570188050_5913392908607330728_o 11950258_10207550575348179_1344678033288977935_o 11947710_10207550569508033_44245409407786703_o 3

展示会のレセプションには、大勢の方にお越し頂きました。本当に有難うございました。皆様のサポートは私にとってとても大きなもので、今後のアーティストとしての活動の大きな励みになりました事を、心からお礼申し上げます。
今回、いつも展示するものとはまた違う明るいパステル調の作品をオーナーの方と相談をして決めた時、ここ最近発表していた重厚感のあるものとは大分異なるので、この作品で良いのか不安もありましたが、レセプションで大勢の方の笑顔や喜び、そして皆様から暖かいメッセージを頂き、何故今この作品だったのかがはっきりと分かりました。そして、アートが空間全体のエネルギーを変える力があるのだと言う事も深く感じました。急遽、作品に合わせたライブパフォーマンスも行うことになったり、素敵な夜を皆様と一緒に過せて頂きとても嬉しかったです。

Thank you very much for coming to the opening reception party. Your support means a lot and it gave me strength to pursue my career as an artist. I was not aware why I brought these bright pastel works when I had a discussion with the owner since I’ve been showing a lot more heavy taste recently. To be honest I wasn’t 100% sure if these were the right works… Till the opening reception when I saw lots of laughter and joy and warm messages from all the guests I understood what art can do to connect people. Uplift the energy of the entire space. It’s just been a wonderful night gathering with everyone and sharing a lovely time together. Thank you very very much.

Coyright © Yukiko Shimizu