Journal

BLUE FOR TOHOKUの写真撮影をしました

13 4 567891011
東日本大震災をきっかけに発足したNPO法人『BLUE FOR TOHOKU』では、震災遺児を含む児童養護施設への支援を行ってます。被災地では、震災後に親が子供を育てられないと育児放棄したり、虐待を受けて養護施設に入ることになった子供達が多くいます。日本ではまだまだ実態がきちんと伝えられていませんが、児童養護施設の現状は非常に厳しいものです。

そうした中で『BLUE FOR TOHOKU』は有志ボランティアのグループにより立ち上げられ、福島県の児童養護施設の子供達の学業支援や就業支援を念頭に置きサポートしています。毎年開催している「おいでよ!東京」では、子供達を東京に招いてキッザニアで様々な職業体験をしたり、大運動会でお相撲さんと取り組みをしたり、綱引きをしたりと盛り沢山な一日を通じて、大勢の大人と関わり社会人として成長していく一歩を踏み出す応援をしています。

私も、今年は活動を記録する写真係として協力をさせて頂きました。子供達の屈託のない笑顔、困難に立ち向かおうとする健気な瞳の奥に隠れた寂しさ、強い眼差し、表情の一つ一つから写真を撮る側も複雑な思いを駆り立てられました。矛盾だらけの社会で子供達に何を教える事が出来るのか。正義さえも曖昧で、何一つ大人として確信を持って伝えられる事はないのではないか。そう思うほど虚しさが募りましたが、そんな時無邪気にアイスクリーム屋さんになったり、消防隊員や救急隊員になったり、結婚式を体験して喜ぶ子供達の姿を見て、自分が子供の頃大人になったら何になりたいかとただ純粋に夢見ていた姿と重なり、子供の夢みる思いを守る事こそが大人として出来る事なのではないかと思いました。

どんな境遇に置かれながらも懸命に頑張っている子供達から、本当に多くの事を教わり勇気をもらいました。彼らが大人になった時、彼らをサポートし応援し続けていた大人がいた事を覚えていてくれたら、、、そんな思いで皆んなが一つに繋がっている様に感じました。

『BLUE FOR TOHOKU』の活動がずっと続いて行きますように、今後も微力ながら私も支援して行ければと思います。※写真は子供達の個人情報を守る為、顔が見えないものを使わせて頂きました。

Kaiの個展レセプションパーティー

11888543_10207550566387955_4340374316531813002_o 11221667_10207550566427956_4009810252775082870_o 11895087_10207550573588135_951843276356884526_o 11906807_10207550566347954_4677321938883980724_o 11896490_10207550572188100_6923852831997452114_o 11906739_10207550570188050_5913392908607330728_o 11950258_10207550575348179_1344678033288977935_o 11947710_10207550569508033_44245409407786703_o 3

展示会のレセプションには、大勢の方にお越し頂きました。本当に有難うございました。皆様のサポートは私にとってとても大きなもので、今後のアーティストとしての活動の大きな励みになりました事を、心からお礼申し上げます。
今回、いつも展示するものとはまた違う明るいパステル調の作品をオーナーの方と相談をして決めた時、ここ最近発表していた重厚感のあるものとは大分異なるので、この作品で良いのか不安もありましたが、レセプションで大勢の方の笑顔や喜び、そして皆様から暖かいメッセージを頂き、何故今この作品だったのかがはっきりと分かりました。そして、アートが空間全体のエネルギーを変える力があるのだと言う事も深く感じました。急遽、作品に合わせたライブパフォーマンスも行うことになったり、素敵な夜を皆様と一緒に過せて頂きとても嬉しかったです。

Thank you very much for coming to the opening reception party. Your support means a lot and it gave me strength to pursue my career as an artist. I was not aware why I brought these bright pastel works when I had a discussion with the owner since I’ve been showing a lot more heavy taste recently. To be honest I wasn’t 100% sure if these were the right works… Till the opening reception when I saw lots of laughter and joy and warm messages from all the guests I understood what art can do to connect people. Uplift the energy of the entire space. It’s just been a wonderful night gathering with everyone and sharing a lovely time together. Thank you very very much.

セルフポートレート作品集

1 2 3 4 5

11942089_10207621174393111_4891229144814430451_o

数年前のTokyo Frontline Photo Awardに入選したセルフポートレートの作品が印象的だったと、公開審査を観覧されてた方が先日のレセプションパーティーにお越しくださり、あの様な作品をまた観たいとおしゃって頂きました。其れにより、急遽作品集(少し違うバージョン)を置かせて頂く事になりました⭐️特殊メイクを施した状態で自身で撮影を行い顔面血だらけになりながら映像・音も制作しました。様々な作品集を置いてますので、どうぞお手に取りご覧ください。展示会は23日迄です✨

http://thekai.jp/ja/


My work was selected by the Tokyo frontline photo award open review few years ago and one of the viewer came to the reception party at Kai told me how my work gave him an impact and that he would like to see more of them. The self-portrait was with a special effect makeup which made my face bleed. I made motion and sound work as well. 
The exhibition is till Sep.23. 

Kaiにて個展開催のお知らせ




360Y1559 360Y0752 360Y1130 360Y1358

『Illumination』- Yukiko Shimizu photography exhibition

命は再生を繰り返し輝きに満ち溢れる。
導かれるように訪れたハワイの島。
大自然の恵みを大切なあなたへ。

-レセプション・パーティー:8月28日(金) 18:00-21:00
-Reception party: Fri Aug 28, 18:00-21:00

-写真展会期 8月25日(火) – 9月23日(水)

会場
– Kai. 東京都港区赤坂6-13-5
http://thekai.jp/ja/

日時
– 8月25日-9月23日 (お休み: 9月6,7日)
– 火曜-金曜 11:00-22:30, 土曜-月曜 13:00-22:30

VENUE
– Kai. 6-13-5 Akasaka, Minato-ku, Tokyo

DATE
– Mon Aug 25th – Wed Sept 23rd (Closed on Sept 6-7)
– Tue-Fri 11:00-22:30, Sat-Mon 13:00-22:30

未発表作品集

 

IMG_3636 (1)

展示会には未発表の作品を含んだ作品集も置いてます!

「Abide in Silence」清水由紀子展 Bright Photo Salon
2015年7月24日(金)-2015年8月9日 12:00-20:00(土日~18:00)※月曜休館

http://jcop.jp/wp/gallery/abideinsilence/

http://imaonline.jp/library/exhibitions/abide-in-silence/

日本写真学院 〒104-0043 東京都中央区湊1-8-11 ライジングビル4F
※東京メトロ日比谷線八丁堀駅A2出口徒歩5分・JR線八丁堀駅B4出口徒歩3分
tel:03-3523-0545

« Go to Journal Top

Coyright © Yukiko Shimizu