Journal

思想のはなびら

ゴスペルの第一人者として日本の音楽界に多大な貢献をされた亀渕友香さんが、昨年享年72歳で他界されました。
亀渕先生は、平井堅さん、杏里さん、久保田利伸さん、大黒摩季さん、MISIAさん、SPEED、倖田來未さん、山下久美子さん、和田アキ子さん、持田香織さん他数多くのアーティストをご指導者された事でも大変有名な方です。


先日発売されました先生の最期の作品となりますベストアルバムでは、私の写真が表紙やアルバムの中に沢山散りばめられ、先生との大切な思い出がこの様な美しい形に収められました事を心より嬉しく思っております。そして、関係者の皆様はじめ多くの方々に喜んで頂けまして本当に身に余る思いです。
アルバムには長年のご友人の湯川れい子さんによるご挨拶が書かれ、阿久悠さん、都倉俊一さん、小林亜星さん、玉置浩二さん他による作詞作曲の名作、松本隆さん、井上陽水さん、来生たかおさん、矢野誠さん他の楽曲提供、山下達郎さんがコーラス参加した力作に想いが込められています。


先生を存じ上げたのは20数年前になりますが、直接お話しをさせて頂いたのは数年前になります。「あなたは何をされてる方なの?」とのご質問から写真を撮っていますとお話をすると子供の様にとても無邪気にどんな写真を撮っているのか教えてと話は盛り上がりました。気付いたら数時間ずっとお喋りを続けていて、先生の運転で私の自宅までドライブを楽しみ、まだまだ尽きぬ会話にまた会いましょうと約束をしてお別れをしたのですが、単なる口約束ではなく直ぐまたご連絡をくださり、私もお会いするのが毎回楽しみでした。
それから毎年開催される先生主催のコンサートのポスターやパンフレットには私の写真が起用されました。先生がコンサートのタイトルや世界観についてお話しくださると私が作品の中からこれだと思ったものをお送りしてました。いつも先生は大変喜んでくださり共同作業を通じて交友関係を深めさせて頂いていた様に思います。その矢先に先生が闘病生活で九州に行かれたのですが、病院先からも「あなたの写真が忘れられないの」とお電話をくださいました。
初めて先生に私の作品を見て頂いた際には、一枚一枚とても丁寧に向き合ってくださり、撮っていた時の私の心情がどうであったか深い洞察力で見抜く様に、その奥に込められたメッセージを読み解かれ、私は感動で震え涙が溢れました。


いつも私を肯定して力をくださり、本当に愛らしく大好きな方でした。こんなにも早くお別れの時が来てしまうとは想像もしてませんでした。


亀渕先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

58834894-1A97-4264-85FA-E6BD7CE0A3AF-670-0000004BA84B1A26

LRG_DSC04923

LRG_DSC04926

LRG_DSC04929

 

20171222
IMG_3041

IMG_8746

« Go to Journal Top

Coyright © Yukiko Shimizu